学習塾コラム 塾選びや学習に関するお役立ちコラム

小・中学生に学習塾は必要?

今、多くの小・中学生が学習塾に通っています。
ただ、中には中学受験を希望する小学生や高校受験を控える中学3年生、大学受験を控える高校生はともかく、受験生ではない小学生や中学1・2年生は学習塾に通う必要がないと考える保護者の方もいるかもしれません。

しかし、一般的に学習塾は学力向上を目的としてお子様が通うところとはいえ、小・中学生が通塾することには別のメリットもあるのです。

小・中学生が学習塾を利用する目的とは?

小・中学生が学習塾を利用する主な目的は、学力の向上です。

学力の向上は一体どこに向かって目指すものかといえば、もちろん受験合格に向けてですよね。
だからこそ、学習塾に通い始めるのは受験勉強が本格的になる受験生になってからと考える方もいるのだと思います。

しかし、受験をしない小学生や中学1・2年生の時点で学校の授業についていけなくなった場合、いざ受験生になって希望するまでの学力向上を目指せるでしょうか?

もちろん、中には受験生の1年間で必死に頑張って成果を出す生徒もいるでしょう。
ただ一方で、望んでいた成績を残せなかった生徒がいるのも事実です。

学校の授業は、教員によって質やレベルが大きく異なります。
担当によって授業内容が分かりにくいと感じることで、成績を残せなかったのでは本末転倒です。

だからこそ、学校の授業で説明が不十分となる分野や統計などで苦手分野になっている内容を重点的に取り扱う学習塾に通うことで、受験生になる前に基礎学力があがり、いざ受験生になったときに志望していた以上のレベルを目指せるようになるのです。

そのため、学習塾は場合によっては受験生でなくても、通っておくべきだと考えられます。

学習塾を利用する副次的なメリットとは?

最初にお話ししたように、学習塾に通うことは学校の授業内容を補習できるだけではなく、別のメリットもあります。

基本的に学校の授業は限られた時数の中で多くの分野・内容を取り扱わなければならないことから、教員が生徒に対して一方的に説明をすることが多くなり、お子様が授業に参加するという機会はどうしても少なくなってしまいます。

しかし、学習塾では、主に生徒に問題を解かせて考えさせる形式で授業が進められます。
つまり参加型の授業が展開されるので、自分で考える習慣が身につくようになるのです。

もし小・中学生の間に自分で考える習慣が身に付けられれば、高等学校や大学に進学する際にも大きな力となります。

また、学習塾は学習目的でお子様が集まるため、学習環境がしっかり整っています。
学校や自宅で勉強できない生徒でも、自ら学ぶ習慣を身に付けられるように様々な工夫がされています。

つまり学習塾を利用することには、単に学力向上が期待できるだけでなく、お子様が自分で積極的に勉強に臨み、理解する習慣を身に付けることができるという副次的なメリットがあるのです。

学習塾に通うべき生徒とは?

さて、学習塾に通うことで学校の授業内容を補習し、自分で考えて勉強する習慣を身に付けられるということが分かりましたね。

学校の授業についていけなくなったお子様や学習習慣を身に付けようとするなら学習塾に通うべきだといえます。

その一方で、学校の授業が退屈だと感じているお子様も学習塾に通うべき生徒の一人になります。

実は自分で考えることが好きなのに、学校の成績が良くないというお子様も少なくないのです。
そういったお子様は一方的な説明ではなく、自ら考えられる学習機会を与えることで一気に学力を上げることがあります。

そのため、積極的に知識を取り入れられる機会のある学習塾に通うのがおすすめなのです。

学習塾に通う必要がない生徒とは?

これまでお話した通り、学習塾に通うことは大きなメリットがありますが、全てのお子様にとって役に立つという訳ではありません。
お子様の性格や学力に応じて、学習塾への適正を判断する必要があります。

学習塾に通う必要がない生徒とは自ら学習する習慣があり、周囲に指導を受けられる環境があるお子様です。
例えば親や年上の兄姉・親戚・近所の学生などに勉強を教えてもらえる環境があるのであれば、学習塾に通う必要はないかもしれません。

自ら学習できるお子様は、学校でも積極的に教員のもとへ質問に行くので、基礎的学力は学校の授業だけで十分身に付けることができるのです。

このようにお子様一人ひとりの特性に合わせて学習塾に通うべきかを決める必要があります。
学年や学力が同じでも通うべき学習塾のタイプが異なる場合もあるのです。

まとめ

自分で学習する習慣が身についている場合は学習塾に通う必要がない場合もありますし、特定の分野にのみ強い興味・関心を示す生徒は学習塾よりも家庭教師の方が向いていることもあります。

勉強は嫌いではないものの、学校の授業が面白くないと感じている生徒は学習塾に通ってみるとぐんと成績を伸ばすこともあります。

このようにお子様を学習塾に通わせるかどうかは、しっかりと学習塾への適正を見極めて、お子様が一番に望む環境をつくってあげられるように考えましょう。

資料請求・無料体験などのお問合わせは>>
自立学習RED
教育ITで
とことん学ぶ
個別学習塾

REDのコース紹介