学習塾コラム 塾選びや学習に関するお役立ちコラム

学習塾のテスト対策方法とは?

学習塾は様々な場所があり、その数だけテスト対策方法は異なります。

多くの生徒が成績を上げられるのも、この多種多様な対策方法のおかげであるといえます。

そのため、学習塾が取り入れている方法は自宅で勉強する際にも役立つでしょう。

勉強の仕方の指導を行う

テスト対策のために勉強することは大切ですが、自分に合った勉強方法を見つけることができないと理解が進まず、成績向上に繋がらない可能性があります。
自分がどの方法で勉強したら一番効果があるのかしっかり見極めることが大切です。

学習塾では、学校の授業やテストの範囲に合わせて授業を行いますが、自分に合った勉強の仕方も見つけることができるようなサポートも行っているとこもあるようです。

生徒の性格や生活パターンを聞くことで、無理のない時間や無駄のない方法を見つけていきます。
少しずつ自主的に勉強して成果が現れるようになることがモチベーションに変わるため、勉強を進めていくことができるのです。

中には自主学習スペースを設けている学習塾もあり、その場で講師やチューターに疑問点を質問できるので、生徒にとってはぜひ活用したいところですね。
やる気がなかなか出ない生徒のためにも様々な工夫が凝らされているので、勉強が嫌いなお子様でも安心して学習塾に通うことができます。

自主的に勉強できるようになると、仮に学習塾に通わなくなったとしても自分に合った方法で学習していけば、効率よく勉強を進めていくことができるようになります。

そのため、テスト対策をする前は誤った勉強方法で努力が無駄になっていないか確認することが大切ですね。

学校別に的確に指導する

当然ですが、学校によって出題傾向はそれぞれ異なります。

そのため、生徒全員が同じ指導を受けていると、中にはテストの範囲でない部分も勉強することになり、無駄な時間を作ってしまうことになります。
それを避けるために一人ひとりの学校に合わせた対策を学習塾では行っていきます。

テスト範囲を学習できる参考書を用いたり、講師がマンツーマンで指導したりする場合もあります。
いずれにしてもテスト範囲で分からない分野があれば、しっかり苦手意識の克服ができるよう指導していきます。

また、学校によっては難易度も異なります。
そのため勉強の質やレベルを一人ひとりに合わせて対応する必要があります。

例えば、難しい問題が多く出題される学校に通っている生徒は、応用問題までをしっかり解けるように学習します。
こうすることで、他の生徒はその分勉強する時間が確保できるので、広範囲の対策を取れるようになります。

学習塾では、学校から出ている課題やプリント等を総チェックし、暗記問題から演習問題まで学校別に要点を絞って対策を行います。
過去問などを用いることで出題傾向をしっかり理解することができるため、出題が予想される部分だけを勉強することが可能となります。

このように、無駄な時間をなくすことで限られた時間の中でも効率よく、且つ有意義に学習を進めることができるのです。

苦手分野を重点的に対策する

人は勉強する時、得意分野から始めることが多い傾向にあります。

おそらく、苦手分野は苦手意識があるためモチベーションが上がらないのでしょう。
しかし、苦手分野を重点的に学習していくことこそが、成績の底上げに大切なことなのです。

また、得意分野で高得点を取っても、苦手分野で低い点を取ってしまうことで総合順位や点数は一気に下がってしまいます。
そうなると、せっかく長時間勉強しても成果に繋がった実感はなくなり、モチベーションを下げてしまうことになります。

一度苦手意識を持ってしまった分野は、なかなか公式や用語を覚えることができません。
だからこそ早いうちから勉強をスタートすることがカギとなるのです。

学習塾では苦手分野を克服し、しっかりと知識を定着させます。
なぜなら次第に高得点が取れるようになるとモチベーションも上がり、自信を持つことができるからです。
その自信はその後の学習にも影響を与えますので、最終的に全ての教科の順位や点数を底上げし、成績向上に繋げることができるようになります。

学習塾では講師が苦手分野を解析し、徹底的に対策することで生徒が勉強に対するモチベーションを上げられるようにサポートしていきます。

長期の休みを利用する

長期の休みは学校での授業がないため、それまでの範囲を復習できる絶好の機会となります。

毎回テストの全範囲を対策していると時間が足りないこともあります。
それを避けるために、長期の休みにはしっかり勉強しておくことが大切です。

学習塾には様々なカリキュラムがあり、勉強する時間や日にちを自分のスケジュールで決めることができます。
そのため、夏休みや冬休みなど長期的な休みの日には遊びも取り入れて息抜きをしつつ、勉強もできるので集中力が長く持続します。

時間を有効に用いて、勉強に最適な環境を作り出すことができるのは生徒にとって大きいなチャンスですね。

テストのたびに猛勉強しなくても良いように長期休みのうちに予習しておくことはとても有効です。
こうすることでテスト対策期間になっても気持ちに余裕を持って臨めるので焦ることはありません。
様々なカリキュラムのもと、よく考えて自分のペースで勉強することができるのです。

長期の休みのうちに勉強することは、テスト対策をする以外に自分の実力を上げることにも繋がります。
冬期休暇や夏季休暇のような休み期間中は問題に取り組む時間が多くあります。
その期間を利用し、繰り返し反復することで応用力が身に付き、休み明けの授業やテストには力をつけた状態で臨めるようになります。

学習塾では、長期の休みを利用した夏期講習や冬期講習などの季節講習が実施されることもあるので、自主学習に加えてそれらを活用するのも良いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

勉強でよい成績を残すにはいくつかのアプローチや勉強への向き合い方があることがおわかりいただけましたでしょうか。

  • 休み期間を利用しての復習
  • 苦手分野の克服
  • 適度な息抜きと適切なスケジュール

以上の3点に気をつけるだけで、お子様の成績は飛躍的に伸びるでしょう。

学習塾では生徒が楽しく勉強し、モチベーションを保つことができるように自分に合った勉強方法を見つけるサポートをしてくれます。

学習塾を活用するメリット
  • 苦手分野の指導
  • 学校別の出題傾向がわかる
  • 勉強するための環境・意識づくり

他にも様々なカリキュラムで生涯一人に寄り添った勉強ができることが大きなメリットですね。
成績に悩んでいる人、またそのようなお子様がいる方にぜひオススメです。

自立学習REDでは、お子様に合わせた「勉強の仕方」の指導をしております。また、季節ごとの講習もご用意しており、講習ではお子様の苦手に戻って、わかるまでとことん学習することが出来ます。是非、お気軽にお問合わせください。

資料請求・無料体験などのお問合わせは>>
自立学習RED
教育ITで
とことん学ぶ
個別学習塾

REDのコース紹介