学習塾コラム 塾選びや学習に関するお役立ちコラム

学習塾の指導方法とその特徴について

学習塾の指導方法や内容は基本事項の解説を中心にする学校の授業とは異なり、実践力や応用力をつけることを重視している傾向にあります。
個々の生徒の学力に合った方法で指導を行うために、成績ごとにクラス分けが行われているケースもあります。

では、具体的にどんな指導方法があるのかみていきましょう。

学習塾のクラス分けと指導方法の種類とは?

学習塾の指導形式は、20~30人程度のクラス単位で授業を行う集団指導と、1~3人程度の個別・少人数で授業を行う個別指導の2種類に大きくあ分けられます。

個別指導の場合は、講師が生徒一人ひとりに個別で対応することができるので、成績ごとのクラス分けは原則行われません。

一方、集団指導の場合は、生徒の成績ごとにクラス分けされて授業が行われるケースが一般的です。

ちなみに集団指導におけるクラス分けの方法ですが、入塾時や学習塾内で実施される模擬試験の結果などに基づき、行われることが多いようです。
学習塾によっては2~3ヶ月おきに学力テストを実施して、クラスを再編成する場合もあります。

一般的に公立の小中学校では、生徒の学力が分散するようにクラス分けが行われます。
そうなると、学力が高い生徒と低い生徒が同じ内容の授業を受けることになりますよね。

この場合、もし学力の低い生徒に合わせて授業が行われると成績が優秀な生徒は退屈に感じてしまうこともありますし、逆にレベルの高い授業だと成績が低い生徒は内容が難しすぎて消化不良を起こしてしまうこともあるでしょう。

これに対して学習塾では、成績ごとにクラス分けが行われるので、集団指導の授業であっても自分の学力レベルに合った内容の授業を受けることができるというメリットがあります。

つまり、学習塾では集団指導・個別指導に関わらず、生徒の学力に合った内容の指導が行われるので、学校の授業よりも理解しやすくなります。

学習塾の使用教材の特徴とは?

一般的に学習塾では、使用教材として独自に作成したテキストが利用されます。

学校の教科書が教材に使用されることはありません。
学習塾の使用教材は、応用力や実践力を重視しているという特徴があります。

学校の教科書は基本的な内容を説明するための“解説書”で、練習問題は少ないことが多いです。

一方、学習塾の使用教材は解説書ではなく、例題や練習問題が中心となっています。
重要な基本事項が記されている場合もありますが、基本的に問題集の形式で作成されていることがほとんどです。

基礎的な内容を学習する場合も、解説文は穴埋め式などの簡単な練習問題の形式で作成されています。

大手経営など規模が大きな学習塾やフランチャイズ方式の進学教室であれば、製本された書籍がテキストに使用されることが多いようです。
個人経営などの規模の小さな学習塾であれば、独自に作成してコピーして作成された手作りの教材が使用されるケースもあります。

一部の個別指導型の学習塾であれば、家庭教師と同じように市販の問題集を利用する場合もあります。
このような場合でも練習問題をテキストとして利用し、学校の教科書のような解説書は使われないことが多いでしょう。

学習塾の指導方法の流れとは?

学校の授業と学習塾では指導方法が大きく異なります。
学校の授業では教員が学習内容を一方的に説明するために多くの時間を費やし、練習問題を解いて問題の解説をするという機会は少ない傾向にあります。

このような授業だと生徒は受け身になってしまい、授業が退屈に感じてしまう子供が多くなってしまいます。

これに対して学習塾では、練習問題の解説や問題を解くことを中心にして授業が進められ、重要事項の解説も、練習問題を解きながら説明されます。

集団指導の学習塾であっても、生徒が順番に問題に答えるような形で授業が進められます。
全ての生徒が積極的に授業に参加できるので、学校の授業のように退屈に感じることもありません。

場合によっては講師が重要事項の解説を行う場合もありますが、必ず説明の直後に簡単な練習問題を解くように指導されます。
生徒は説明を聞いた後にすぐに練習問題を自分で解いてみることで、確実に学んだ内容を定着させることができるのです。

個別指導の学習塾でも、講師は生徒と対話する形で練習問題を解きながら授業を進めます。

問題演習を中心にして授業を進める点では、集団指導でも個別指導でも同じですね。

学習塾で取り扱われる内容とは?

学校の授業と学習塾では、授業で取り扱われる内容についても違いがあります。

学習塾でも教科書レベルの基本事項の説明が行われることがありますが、多くの生徒が苦手とする分野が取り扱われます。

ほとんどの生徒が理解できている内容ではなく、成績に差がつくような演習問題や学校の授業では十分に理解することができないような点を重点的に取り上げることが意識されています。
学習塾の授業では苦手分野の克服を行うために多くの時間を割くことで、他の生徒と差をつけることができるのです。

個別指導・少人数クラス制の学習塾であれば、講師は容易に生徒の苦手分野を把握することができます。
そのため、その生徒に合った方法できめ細かな指導を行うことができるのです。

集団指導の学習塾でも、長年にわたるデータの蓄積によって学力レベルごとに生徒が苦手とする内容を把握しています。
成績ごとにクラス分けが行われていることで、各クラスの苦手分野は例年ほぼ共通しており、その分野に特化して対策を練ることができるのです。

このため、学習塾では生徒の苦手分野について効率的に指導を行うことができます。

まとめ

学習塾では学校の授業のような「受け身」ではなく、生徒が積極的に参加することができるような方法で授業が進められます。

また、苦手分野が重点的に取り扱われるので、効率良く学習を進めることができます。

そのため、生徒は授業を退屈に感じることもなく、応用力を身につけていくことができるのです。

集団指導・個別指導に関わらず、学習塾では自分に合った適切なレベルの授業を受けることができます。

資料請求・無料体験などのお問合わせは>>
自立学習RED
教育ITで
とことん学ぶ
個別学習塾

REDのコース紹介